CT / コミュニケーションアロマ

保健、医療、福祉等様々な領域で、公的な資源に基づいたケアを担う専門職には

 理学療法士(PT)(Physical Therapist)

 作業療法士(OT)(Occupational Therapist)

 言語聴覚士(ST)(Speech Therapist)

 これらのセラピストが居て、業務に携わっています。

 

私共では、フォーマルケアとインフォーマルケアを繋ぐセラピストの育成を、と考え

施設や家庭で役立てることのできるアロマセラピーの講習を行っています。


毎年恒例となりました、特養・老健でのスタッフ研修「コミュニケーションアロマセラピスト養成講座」

今年も10名以上のスタッフ様が講習を終え、現在手と足のトリートメント(各50名)の実習に取り組んでいらっしゃいます。そして、この実習終了後、レポート提出・手技の最終確認試験を行ない、晴れて資格取得となります。


知識を得るだけではなく、実際に活用できる内容を座学・実技共に学んで頂いています。

‘ 想いあって選んだ’ 福祉職

施設が提供するその‘ 想い’ を仕事に活かす学びの時間が

スタッフ個人の仕事への熱意、感謝へと変わっている事例です。




◆特別養護老人ホーム しゃくなげ荘様

◆介護老人保健施設 もみじの里様